箱庭生活

自分の半径3メートル以内のできごと

北海道と沖縄を繋げる何か

北海道と沖縄で何かがしたい。何がしたいのかはわからないんだけど、せっかく両方を知っているので、お互いのことをうまく紹介できるような、繋げられるような何かがしたいと思っている。うーん。

かれこれ数年、このことについて考えている。今は自然が好きだから、自然に囲まれていたいから、という理由で今の職に就いているが、私はもっと「発信」をしたいのだ。個人的に。影響力のあることを。その軸を、北海道と沖縄に置きたい。だけど、そこからどこをどう掘り下げていけばいいのか全くわからないでいる。誰かヒントください。

 

とりあえず、前に北海道に帰った時のことを思い出してみる。そこで印象に残っていること。

*友人の運転がとても荒く、それでいて雪道仕様だったため、カーブでも全くブレーキを踏まないことに驚く

*街路樹はほぼ針葉樹林。そして、白樺がいい味を出している

*函館に行った際の独特の訛りは、やはり心地よい

*石油ストーブの匂い

*雪融けの季節。汚い雪

*道路わきで鹿と遭遇

*温泉の気持ちよさ。温泉街の多さ。

そういえば、冬は子供をソリで運ぶお母さんが多く出現したり、登下校中につららを武器にしたり水分補給源にしたり、っていう地元感あふれる北海道あるあるを伝えたいなんて強く思ったことがあった。地域特有の文化って、話しても聞いても面白いものだ。

でも、そういうのをひたすら伝えていくことをしたいわけではない気がする。なんだろう、しっくりこない。うーん。一番しっくりくるのは、現時点では、曲を作ること。音楽。芸術的なもので、お互いの特徴的な部分を洗い出して、多くの人に伝える。それが一番やりたいことに近い。センスと才能があるかは別として。